離婚の前に知りたいこと。離婚慰謝料、養育費、財産分与などを詳しく解説していきます。

DVや浮気問題、性格の不一致など、離婚に至る原因と過程は夫婦によって様々です。しかし、どんな夫婦の離婚においても、取り決めておかなければならないことはある程度決まっています。

離婚届に、子供の親権者を書く欄があることを知っていますか。

例えば2人の間に子供がいる場合、子供の親権や養育費については、子供の成長にも関わる問題なので、確実に取り決めておかなくてはいけません。一時の感情に流され、財産分与や離婚慰謝料、養育費に至るまで、何も決めずに家から飛び出してしまう人も居るようですが、一人で生活を始めてから、「あの時、ちゃんとしていれば。」と、後悔をする人も少なくないようです。

再出発の後、後悔しないために「離婚の前に知りたいこと」をお役立てください。


離婚で発生する諸問題

離婚届に判子を押して、役所に提出すれば、離婚が出来るとういうものではありません。
確かに、離婚届を提出さえすれば離婚は成立するわけですが、実際のところは離婚の諸問題が原因で離婚をしてくても離婚できない。という人が結構いらっしゃいます。

離婚の諸問題というのがどんな問題かと言えば、先程も少し紹介しましたが、子供の親権もその問題の1つですが、子供の養育費から、夫婦がこれまで共有した財産を分けるために話し合いをしなくてはなりませんし、何か重大な理由で離婚をする場合、その離婚の原因をつくった配偶者には慰謝料を請求したりもします。

また、離婚後の生活のことを考えると気安く離婚をするとは言い出せない場合もあります。

離婚をしたら一般的に夫婦が別々に生活環境を整える必要があるわけで、どちらか、または両方が夫婦で一緒に生活していた家から出ていかなくてはならなくなります。
そのため、新しく生活をするための家を用意しなくてはなりません。実家に戻ることができる人は、一時的に実家に身を寄せるのも手ですが、それができない人は、アパートなどの部屋を借りることになりますが、部屋を借りるにもお金がかかります。

そして、専業主婦だった方は新しく仕事探す、または元勤め先に復帰できるように交渉するなど、収入面での基盤を新しく構築する必要もあるわけです。

さらには、お子さんがいれば、お子さんの学校のことや養育についても考えなくてはなりません。これら全てを1人でやり切ることができる、またはそれだけの覚悟がなくては離婚はできないということになります。

最近は離婚が原因で、貧困に苦しむ片親の問題などもニュースで見る機会があると思います。離婚の諸問題を解決する、または問題に立ち向かうための準備をして、離婚の手続きを始めましょう。



探偵の教え
自分の身の上に何か困ったことが起こった時に、
探偵が役に立つかもしれません。離婚でも、浮気調査で利用することがあります。

教室・スクール・クラブ
スピーカーマトリックス